ビジネススキルとは

 

社会人としての基礎知識・必須スキルと聞くと、漠然としていて、一体何を勉強したらいいのかイメージしにくいですよね?

 

それもそのはず、経済産業省では、「職場や地域社会で多用な人々と仕事をしていくために必要な力」と社会人の基礎力を定義しており、「前に踏み出す力」「考えぬ抜く力」「チームで働く力」の3つから構成されるとしています。

 

つまり、特定の分野の知識や、具体的なスキルではなく、あくまでも社会で活用していくための総合力のことです。

 

立場や責任、職種によって必要な知識もスキルも変わっていきます。ですが、ビジネスをするにあたって、一般的な基礎知識と、社会に通用するスキルを身につけるためのヒントをこれから見ていきましょう。そうすれば専門職を極める上でも役立ちます。

 

勉強する習慣

学生は勉強が本業と言われていて、一日の大部分を、新しいこと、自分が極めたいことを学ぶ時間に使うことができました。しかも、時間割も学校側がバランス良く配分したり、テストで自分のものとしているかをチェックできたり、補修で必要な分野を身体に入れこむことができるように環境が整えられていました。

 

しかし社会人になると、ほとんどの時間は、仕事の業務をこなす時間になりますし、自分で意識して取り分けないと「勉強」という時間はなくなります。

 

もちろん業務を通して色々と学ぶことにはなりますが、社会人としての全般的な知識や一般教養などは、日常の業務に忙殺されている間にドンドンと忘れていってしまいかねません。ですから、意識的に時間を取り分けて、昔学校で学んだことを復習したり、何かの検定を目指して勉強するなら、前述の「前に踏み出す力」や「考え抜く力」を鍛え続けることができるでしょう。

 

社会の仕組みを考える習慣

自分の在籍している会社の仕組みではなく、より広い視野を持って、社会の仕組みを考える習慣を身につけるようにしましょう。

 

では具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?おすすめなのは、ビジネス実務法務検定や環境社会検定の勉強をすることです。ビジネスに関する法律を学ぶなら、社会の仕組みや、常識とは何か、どんな権利や関係しているのか知ることができます。

 

まとめ

語学・会計など他にも社会人として、一般的に役立つことはたくさんあります。ニュースで聞いた知らない用語を調べていくだけでも、意欲的に全身し続けていることになるでしょう。

 

そのようにして、ビジネスマンとして通用する基礎知識とスキルを磨いていきましょう。

関連ページ

ライター資格を取るには
ライターとは、原稿を書いてお金をもらう人のことを指します。企業や商品の広告を考える「コピーライター」、雑誌に記事を書く「雑誌ライター」、新聞記事を書く「新聞記者」、台本を書く「放送作家」もライターになります。
ビジネスマネジメント資格を取るには
マネジャーは日本語にすると管理職です。主な仕事は、企業の経営者と社員の間に入り、経営ビジョンの浸透や事業戦略の遂行、人材育成など様々な役割を担う、会社の要となる働きをします。つまり、企業の成功の鍵を握る存在なのです。
就職で役立つスキルと資格
就職に役立つ資格といってもいろいろな資格があります。ジャンルだけでも30種以上ありますし、国家資格だけでも1200以上あります。さらにそこに民間の資格を含めたらその数は3000以上ともいわれています。
仕事をしながら資格を取るコツ
仕事をしながら資格を取る人が増えています。しかしけして簡単なことではありません。ふだんの日常業務と勉強をどのように両立できるでしょうか?どのように勉強しているのでしょうか?ふだんは仕事の後に1時間くらい時間を取って資格勉強に励む人もいます。