ライターとは?

 

ライターとは、原稿を書いてお金をもらう人のことを指します。企業や商品の広告を考える「コピーライター」、雑誌に記事を書く「雑誌ライター」、新聞記事を書く「新聞記者」、台本を書く「放送作家」もライターになります。

 

さらには、著者本人に変わって代筆をする「ゴーストライター」まで、一口にライターと言っても様々な分野に分かれます。しかし、本・雑誌・フリーペーパー・新聞・テレビ・ラジオ・WEBなど、どんな媒体でも、情報や説明、ストーリーなどをまとめたり、新しいものを執筆して収入を得ている人は全てライターと言えます。ライターという資格は特になく、文章を書くのが好きなら、老若男女問わず誰にでもできる仕事です。

 

趣味の世界について書いたり、専門分野をいかせたり、好きなことが仕事に繋がりやすい職種でもあります。さらに、フリーランスのライターの場合は、自分で執筆時間や記事数を決めることができるので、自由度の高い職業としても人気があります。

 

どんなお仕事?

ファッションや美容情報から、グルメや旅行、スポーツや車など、記事にできるものは数限りなくあります。趣味が高じてライターになる人も多く、特定の分野の専門知識や技術がある人は「専門ライター」として、マニアックな情報を提供したり、同じものが好きな人達がテンションの上がるようなコアな記事を書いています。

 

ライターの仕事は記事を書くだけではなく、インタビューをしたり、対談をセッティングしたりすることも含まれることがあります。

 

ですから、コミュニケーション能力や仕切り力が必要になることもあります。また、自分の記事に画像をつけることもあるので、カメラマンとしての力が必要になることもあります。とにかく依頼された内容の記事を作成するために、準備、下調べ、構成から編集まですることもある幅の広い仕事と言えます。

 

ライターになるための必要条件

ライターという仕事には、特に資格や検定は必要ありませんが、パソコンが使えることと、インターネット環境にいることは必須条件になります。原稿の入稿や打ち合わせなどは全て、インターネットを使ってパソコンでやり取りされます。

 

ですから、文章力にプラスして、文章を書いたり、写真をはさむ最低限のパソコン操作ができ、インターネットで連絡がスムーズに取れる必要があります。

 

まとめ

特異な分野や趣味を生かすことができるライターという職業は、ネット環境があるならどこでもできるので、小さな子供がいるママや、旅好きな人にもお勧めの職業です。自分の専門性を極めて、唯一無二のライターを目指しましょう。

関連ページ

ビジネスマネジメント資格を取るには
マネジャーは日本語にすると管理職です。主な仕事は、企業の経営者と社員の間に入り、経営ビジョンの浸透や事業戦略の遂行、人材育成など様々な役割を担う、会社の要となる働きをします。つまり、企業の成功の鍵を握る存在なのです。
ビジネスの基礎知識と必須スキル
社会人としての基礎知識・必須スキルと聞くと、漠然としていて、一体何を勉強したらいいのかイメージしにくいですよね?それもそのはず、経済産業省では、「職場や地域社会で多用な人々と仕事をしていくために必要な力」と社会人の基礎力を定義しており、「前に踏み出す力」「考えぬ抜く力」「チームで働く力」の3つから構成されるとしています。
就職で役立つスキルと資格
就職に役立つ資格といってもいろいろな資格があります。ジャンルだけでも30種以上ありますし、国家資格だけでも1200以上あります。さらにそこに民間の資格を含めたらその数は3000以上ともいわれています。
仕事をしながら資格を取るコツ
仕事をしながら資格を取る人が増えています。しかしけして簡単なことではありません。ふだんの日常業務と勉強をどのように両立できるでしょうか?どのように勉強しているのでしょうか?ふだんは仕事の後に1時間くらい時間を取って資格勉強に励む人もいます。